スロートレーニングが良いって本当!?

 

トレーニングで成果を出すには、ガマンして厳しトレーニングをする必要があると思っていませんか?

 

ところが、トータルで考えた場合、「スロートレーニング」の方が効率が良いと言われているのです!

 

もちろん、ゴリゴリのマッチョで超強力な負荷をかけてトレーニングができる人ならそれでもOKです!

 

でも、トレーニング初心者の場合は、いきなり超強力な負荷をかけてトレーニングできませんよね?下手したら、筋を痛めたりケガをしてしまうかもしれません!

 

特に、アラフォーぐらいになると妙に筋トレしたくなるのですが、初心者の方は、はっきり言って危険ですので「スロートレーニング」をおすすめします!

 

「スロートレーニング」(通称スロトレ)は、トレーニング初心者や高齢の方、女性におすすめのトレーニング方法です!

 

スロトレで本当に効果あるの?

スロトレは、想像通りスローな動作で行うトレーニングです。スローな動作を行うことで筋肉が緊張状態になります。

 

筋肉が緊張状態になると、血流が制限されるため、酸素の供給が不足した状態になります。

 

酸素の供給が不足した場合、筋肉は無酸素性代謝という状態になり普段以上の力を発揮することができます。筋肉の無酸素性代謝状態というのは、かなり負荷の高いダンベルを持ち上げた時と同じような状態になります。

 

つまり、無酸素性代謝状態になると、筋肉は「激しい運動をしている状態」と勘違いします。そのため、激しい運動をしているのと同じような効果を得ることができるのです。

 

無酸性代謝状態になると、筋肉に乳酸が蓄積されます。

 

乳酸が蓄積されると、成長ホルモンの分泌が促されるため、筋肉が大きく育つのです。

 

具体的なスロートレーニングをご紹介!

では、どんなスロートレーニングをすれば良いのか、具体的なトレーニング方法をご紹介します!

 

正直、トレーニング自体は何でも良いのですが、ここでは腹筋を例に説明します。

 

通常、高速腹筋が30回できる人がいます。この人が1回の腹筋動作に3~5秒かけてゆっくりと腹筋します。

 

この場合、10回ぐらいで腹筋がかなりキツイ状態になります。これがスロトレの効果です。簡単ですよね?
ゆっくりとした動作ですので、腰を痛めるリスクもかなり低くなります。

 

また、腕立て伏せでも同じことが言えます。
腕立ての場合、想像しただけでも、スロー動作の方がキツイと思いませんか?実際やって頂くとわかりますが、かなりキツイです!

 

このように、普段のトレーニングをスローにするだけで、効果も高まり、ケガのリスクも軽減することができます。

 

筋トレ初心者の方、高齢の方、女性の方はぜひ一度試してみて下さい!

関連ページ

お風呂でまったり筋トレはどう?
自宅のお風呂で簡単にできる筋トレ方法をご紹介します!お風呂がないっ!という方もご安心下さい!お風呂がない人用の方法についてもご紹介しています!
【初心者も安心】無理のない筋力トレーニング♪
筋トレっていうと歯をくいしばって、血管が浮き出て、『んガ~!』ってイメージありませんか?初心者の方はまずは無理のない筋力トレーニングから初めるのがおすすめです!
筋トレは日々積み重ねが大切!
筋トレで一番大切なことは継続することです。毎日の積み重ねが大きな結果へと繫がっていきます!
腹筋を座ったままつける方法ってあるの!?
腹筋をつける方法として、座ったま腹筋を効果的につけることはできるのでしょうか?座ったままの方が楽チン!?
【簡単】最速で細マッチョ!自宅筋トレ方法!
誰もが憧れる細マッチョ!そんな細マッチョを最速で 自宅で作ることができる筋トレ方法についてご紹介します。とはいっても具体的な筋トレ方法というよりは、その他の大切なことについてがほぼメインです!
ガクトのように腹筋を割りたいあなたへ!
ガクトさんの腹筋はめちゃくちゃかっこいいですよね?あれで??歳ってどんだけストイック!?あんな、かっこいい腹筋のガクトさんのようになりたい方は、ぜひこの記事を読んでください!
有酸素運動で筋力アップするの?
有酸素運動をすることで、筋力アップすることができるのでしょうか?逆に、筋トレする場合は有酸素運動はダメっている人もいます。ということで、今回は有酸素運動と筋力アップの関係について解説していきます!
筋トレ前にストレッチはやっちゃダメなの!?
運動をする前にストレッチをするのは当たり前だと思っていました。ところが、筋トレ前にはストレッチはしない方が良いという意見があるんですかね?筋トレ前のストレッチについて、真相を調べてみました!
ウォームアップとクールダウンが大切って知ってる?
ウォームアップとクールダウンが大切って知っていますか?ウォームアップは何となくわかるけど、クールダウンって本当に必要なの?って思いませんか?ウォームアップとクールダウンが大切な理由についてご紹介しますね!