筋トレの計画は休養を決めることから!

 

筋トレを継続するには、計画を立てることが大切です。しかも、筋トレの休養日から決めることが大切なのです?

 

筋トレは、毎日がんばらないとかっこいい腹筋にならないと思っていませんか?

 

効率よく筋肉をつけるためには、筋肉の休養日を決めることが大切なのです!

 

筋トレは週に2~3回だけでいい?

筋トレは週に2~3回やるのがベストです!

 

まじめな性格の人に多いのですが、毎日、腹筋100回、腕立て100回、スクワット100回みたいに、キツキツの計画をする人がいます。

 

そもそも、筋トレをやり始めの人がこんな無理な計画を立ててはいけません。まずは、継続することが大切ですので、習慣化されるまでは、甘々の計画を立てて下さい。

 

しかも、頑張って毎日筋トレをしても効率が悪いどころか、効果が下がってしまいます。

 

さらに、カラダに疲労が溜まってしまい、悪影響を与えてしまうことになってしまいます。

 

筋トレの基本を理解しよう!

筋肉は、ストレスをかけると、筋繊維が太くなります。

 

そして、筋肉が疲労して、回復する時に筋繊維が修復されます。回復した後に適度な負荷をかけることで、さらに強くなります。これを繰り返し行うことで、筋繊維太くなり、筋肉が増えます。

 

これが筋トレの基本です。まずは、この原理を理解して下さい。実は、筋肉が疲労から回復する時間が筋トレには重要です。

 

2日連続で筋トレしてしまうと、筋肉が疲労から回復する時間が足りないので筋肉が増える量が減ってしまいます。

 

そのため、筋トレには1日~2日の「休養」が必要です。

 

休養日が長すぎても逆効果?

筋肉を成長させるためには、疲労を回復する休養日が必要といことは理解して頂けたと思います。

 

理想は、1週間に2~3回の筋トレです。休養日を1~2日取るということです。

 

ただし、この休養日が長すぎると、効率よく筋肉をつけることができません。せっかく筋肉が回復して、負荷を待っているのに放置してしまうと、筋力が落ちてきてしまいます。

 

また、と同じよう負荷を与え続けても効果が下がってきます。筋肉に与える負荷はだんだん強くしていく必要があります。間隔としては、3~4ヶ月ごとに筋肉に対して新たな刺激を与えていきましょう!

 

まとめ

筋トレは、とにかくやればやっただけ良いというわけではありません。

 

効率よく筋肉を「休養」させてあげることで、効率よく筋肉をつけることができるのです。また、筋トレの休養が長すぎても効率が悪いので、休養日は1~2日にしましょう。

 

そして、3~4ヶ月毎に新たな刺激を与えてあげるということも非常に大切ですので、忘れずにして下さいね!

 

関連ページ

筋肉の疲れを効率的にとることこそ大事!
筋肉を効率よくつけるためには、筋肉の疲れをとることこそ大事です。実は、筋肉が疲れている時に頑張って筋トレをしても意味がないどころか逆効果になってしまうのです!今回は、筋肉の疲れを効率的にとる方法について解説していきます!
筋肉をつけるには十分な睡眠が必要!?
筋肉をつけようと思ったら、睡眠も関係するのでしょうか?今回は、筋肉と睡眠の関係について、ご紹介していきます。
筋トレと筋肉にはどんな関係があるの?
あなたは、何のために筋トレをしていますか?筋トレは、筋肉をつけるためにやりますよね?そんな筋トレと筋肉の関係について、おさらいの意味も込めて詳しく見ていきたいと思います。
腹筋を2ヶ月で割る方法はこれがベスト!
男のロマンともいえる腹筋を割ること。 誰もがシックスパックに憧れて、筋トレをやったことあると思います。でも、腹筋を割ることができた方はどのぐらいいますか?挫折する人が多いのも事実なんです・・・こちらでは、腹筋を2ヶ月で割る方法について解説していきます!
筋トレマインドセットは切り離せない関係!
筋トレを継続するためには、マインドセットが必須です!この2つの関係は、切っても切り離せない関係です!ということで、筋トレを継続するためのマインドセットについて解説していきます!