アルコールが筋トレに悪影響を与える!?

アルコール,筋トレ,悪影響

お酒などからアルコールを摂取することは、筋トレの効率を下げたり、悪影響を与えたりするため、できるだけ避けなければいけません。

 

テストステロンの分泌量が低下

アルコールが筋トレに与える悪影響としてあげられるのが「テストステロンの分泌量が低下する」ということです。

 

テストステロンとは男性ホルモンの1種で、タンパク質の合成を促す作用があるアナボリックホルモンでもあります。このホルモンが大量に分泌されると筋肉を増やす作用だけでなく脂肪がつきにくくなったり、骨粗しょう症を防いだりする効果もあり、健康な体をつくる上では欠かせません。

 

テストステロンは男性ホルモンであるゆえに精巣など特定の場所で生成されるのですが、アルコールを大量に摂取すると、そうしたところの働きが鈍ってしまいます。その結果、テストステロンも充分に分泌されなくなり筋トレの効果が弱まってしまうのです。

 

ただし、アルコールを飲めばすぐにテストステロンの分泌量が減るというものではなく、毎日大量のお酒を飲むなど悪い飲み方をしているときに影響が出るので、適量を守って飲むようにすれば筋トレに支障はありません。

 

筋トレ効果と内臓の働き

アルコール,筋トレ,悪影響

他にも「アルコールは内蔵に負担をかけてしまう」という悪影響があります。

 

意外かもしれませんが、筋トレ効果を上げるためには内臓を活発に働かせることが必要不可欠です。

 

筋肉を大きくするためには、筋トレによって筋繊維を破壊し、休養期間で筋肉を再生させるというプロセスを得る必要があります。この再生させるときに以前より太い筋繊維がつくられて筋肉は大きくなっていくからです。

 

そのためには筋肉の材料であるタンパク質を大量に摂取して体内に取り込む必要があり、内蔵をたくさん働かせなくてはいけません。

 

アルコール摂取時のメカ二ズム

アルコールは体内に取り込まれるとアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドに変換され、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素によって無害な酢酸に変換されたうえで体外に排出されます。

 

アルコールを大量に摂取するとこうしたアルコールを無害化する働きをたくさんおこなわなければならないので、内臓に疲労がたまってしまいます。もしもこの状態で筋トレをしたとしても、内臓の疲労によってタンパク質がうまく取り込めず、太い筋繊維をつくることができません。

 

そのため、アルコールを取ることは筋トレに悪影響を与えてしまうのです。

 

筋肉を再生させる期間以外であれば、アルコールを摂取しても悪影響を与えないので、どうしてもお酒を飲みたい場合はトレーニング後や筋肉の回復期間を避けて飲むようにしましょう。

 

筋トレと筋肉にはどんな関係があるの? >>

 

関連ページ

がんばってつけた筋肉を維持するにはどうする?
筋肉をつけるのは結構大変ですよね?頑張った人だけが得られる勲章です。そんな、頑張ってつけた筋肉を落としたくないですよね?今回は、せっかく頑張ってつけた筋肉を維持する方法についてご紹介していきます!
初心者のための筋肉の仕組みまるわかり!
今回は、筋肉の仕組入門ということで解説していきます。筋トレして筋肉をつけたいようでしたら、まずは筋肉の仕組みについて知る必要があります。筋肉入門者向けに、出来る限りわかりやすく解説していきます♪
筋トレに興味がある方必見!BCAAの効果まるわかり!
筋トレに興味があるけど、まだまだ知識が足りない方必見です!BCAAの効果について全てお伝えしていきます!
飲んでも翌朝スッキリ!筋トレと二日酔いの関係性とは?
飲んでも翌朝はスッキリ!筋トレと二日酔いには何か関係があるのでしょうか?その関係に迫ります!