筋肉をつけるには十分な睡眠が必要!?

筋肉,睡眠

筋肉をつけることと、睡眠には関連性があるのでしょうか?

 

実は、筋肉と睡眠にはかなり強い関係があります。筋肉というのは、睡眠中に大きく成長するという特徴があるのです。というのも、成長ホルモンは睡眠中に分泌されます。

 

睡眠しはじめてから約1時間ぐらい経つと、深い眠り(ノンレム睡眠)に入りますが、この時に成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンの分泌が筋肉に非常に関係してきます。

 

成長ホルモンの分泌により、たんぱく質の合成が高まります。これにより、トレーニングで壊された筋肉が回復し、さらに成長します。

 

成長ホルモンが分泌されるのは、睡眠をはじめてから約1時間後です。
そのため、長時間寝ることと筋肉が関係しているかどうかについては不明です。

 

ただ、筋トレで最高のパフォーマンスを発揮するためには、長時間の眠り(8時間ぐらい)と、休息が必要です。

 

1日2回寝る「筋トレ睡眠法」が効果的!?

先ほども少しお話しましたが、長時間の睡眠と筋肉の関係性はそれほどないと言われています。

 

実は、1日2回寝る方が筋肉には効果があるのでは言われています。

 

それは、先ほど解説した通り、成長ホルモンの分泌は睡眠しはじめてから約1時間後にはじまるからです。

 

究極的な「筋トレ睡眠法」は、2時間眠って、起きてトレーニング、そしてまた2時間眠ってからトレーニングという方法です!

 

ただし、これはあくまで理論的な仮説ですので、実際にこれをやると疲れが溜まってしまうのでは?って思います。

 

例えば、相撲取りは、朝稽古をした後たっぷり食事を摂って、その後すぐに昼寝をしますよね?
これは、体を大きくするためにやっていますので、先ほどの「筋トレ睡眠法」もあながち間違っていないかもしれません。

 

まとめ

筋肉,睡眠

筋肉は、睡眠中に成長ホルモンを分泌します。そのため、睡眠と筋肉というのは、かなり関連性があります。

 

1日2回寝て成長ホルモンの分泌を2回行う「筋トレ睡眠法」はかなり効果が期待できるでしょう!

 

ただし、夜中に起きてもう1回寝るということをした場合、睡眠の質が下がってしまいます。

 

睡眠の質が落ちると、中枢神経の疲れが取れないため、翌日のトレーニングに影響が出てしまいます。

 

できれば、夜の睡眠は6~7時間は確保したいですね。
2回目に寝るのは、現実的には昼寝がおすすめですね♪

 

 

関連記事

筋肉,睡眠筋トレは日々積み重ねが大切!
筋肉,睡眠細マッチョになるための食事プランニング法!
筋肉,睡眠筋トレは日々積み重ねが大切!

 

関連ページ

筋肉の疲れを効率的にとることこそ大事!
筋肉を効率よくつけるためには、筋肉の疲れをとることこそ大事です。実は、筋肉が疲れている時に頑張って筋トレをしても意味がないどころか逆効果になってしまうのです!今回は、筋肉の疲れを効率的にとる方法について解説していきます!
筋トレの計画は休養を決めることから!
筋トレを計画するなら休養日も決めておきましょう!えっどうして休養日?って思った方は、ぜひ当記事をご覧ください。正しい、筋トレで効率よく筋肉をつけましょう!
筋トレと筋肉にはどんな関係があるの?
あなたは、何のために筋トレをしていますか?筋トレは、筋肉をつけるためにやりますよね?そんな筋トレと筋肉の関係について、おさらいの意味も込めて詳しく見ていきたいと思います。
腹筋を2ヶ月で割る方法はこれがベスト!
男のロマンともいえる腹筋を割ること。 誰もがシックスパックに憧れて、筋トレをやったことあると思います。でも、腹筋を割ることができた方はどのぐらいいますか?挫折する人が多いのも事実なんです・・・こちらでは、腹筋を2ヶ月で割る方法について解説していきます!
筋トレマインドセットは切り離せない関係!
筋トレを継続するためには、マインドセットが必須です!この2つの関係は、切っても切り離せない関係です!ということで、筋トレを継続するためのマインドセットについて解説していきます!