初心者のための筋肉の仕組みまるわかり!

初心者,筋肉の仕組み

今回は、筋肉の仕組入門ということで解説していきます!

 

筋肉初心者の方は、とりあえず筋トレやっとけみたいに考えてしまいがちです。

 

これから筋肉をつけていこうと考えているのでしたら、
まずは筋肉の仕組みについて学ぶことが大切です。

 

専門家のように学ぶ必要はありませんので、まずは筋肉の仕組み入門編
ということでできる限りわかりやすく解説していきます!

 

筋肉って何でできてるの?

筋肉って何でできているかご存知ですか?
筋肉は、ほとんどが筋繊維でできています。

 

筋繊維には「細胞が巨大である」という特徴があります。

 

細胞が巨大ってどのぐらいかというと、1つの細胞の大きさは、太さが40~100μm、長さが長いものだと10㎝以上あります。

 

いまいちピンとこないかと思いますので、髪の毛と同じぐらいとイメージして下さい。

 

筋肉はいじめて強くしろ!

 

筋肉はいじめればいじめるほど、強くなるということをご存知ですか?

 

ふつうの細胞は、いじめられると死んでしまい、新たな細胞と入れ替えるという仕組みがほどんどです。

 

筋繊維の細胞は、ちょっと特殊な仕組です。
ちょっと壊れた場合は、その壊れた部分を補修するという仕組みが動きます。

 

 

なぜ、筋繊維は通常の細胞のように入れ替えシステムが動かないのでしょう?

 

これは、筋繊維の細胞が巨大であることが関係しています。
大きな細胞を入れ替えるのは大変です。

 

だから、筋繊維はちょっと傷ついたぐらいでは、入れ替えないで、修復するという仕組みが働くのです。
効率的にできているんですね~。

 

さらに、修復する仕組みが働くと、傷つく前よりも強くて太くなるというのが筋繊維の特徴です。

 

この特徴が筋肉をいじめると強くなるということなのです。
人間のカラダって面白いですよね?

 

ただし、筋繊維のいじめ過ぎは禁物です!
筋繊維を激しくいじめ過ぎてしまうと、死んでしまうことがあります。

 

効率的に筋肉を強くするには、筋繊維が死なない程度にいじめて、その後筋繊維を休息させます。

 

筋繊維の修復が完了したら、また筋繊維を死なない程度にいじめます。
これを繰り返すことで、筋肉を強く大きくすることができるのです。

 

筋肉はいじめに慣れてしまう!?

筋肉はいじめることで、強く太くなると解説してきましたが、実は筋肉のいじめ方にはコツがあります。

 

筋肉は適応能力が高いのです。そのため、筋肉をいつも同じようにいじめていると、筋肉はそのいじめに適応してきます。
適応すると、筋繊維は傷つかなくなってきます。

 

そのため、毎日同じ強さで筋肉をいじめていると、そのうち筋肉は傷つかなくなりますので、修復による効果がなくなってきてしまいます。

 

では、どうすれば良いかといいますと、
定期的に筋繊維に対するいじめの強さを増やしていく必要があります。

 

そうすることで、筋繊維はいじめに適応できないため、傷つくのです。そして、修復機構が働き、筋肉が強く太く育っていくということなのです。

 

死んでしまった筋繊維をリサイクル!?

トカゲの尻尾は、切れても生えてきますよね?この再生機構ってスゴイですよね?

 

でも、実は人間のカラダでもトカゲと同じような再生機構が働いています。

 

実は細胞レベルで見ると、人間のカラダもトカゲも同じです。

 

先ほどから解説してきましたが、筋繊維が傷ついた場合は修復されます。激しく傷つけられた場合は、壊死という状態となり、筋繊維は死にます。

 

この死んだ筋繊維がリサイクルされるのです!

 

壊死した筋繊維は、タンパク質分解酵素によって、アミノ酸に分解され、体の中に溶けていきます。

 

この溶けた筋繊維が、次の筋肉の材料としてリサイクルされるのです!
不要な分は、オシッコと一緒に体外に排出されます。

 

普段あまり意識したことがないと思いますが、人間のカラダの中では、
かなり効率的にリサイクルが行われているのです。

 

さらに、壊死した筋繊維があった部位では、筋繊維が再生します!
この結果、10日~2週間すると新しい筋繊維が作られます。

 

この時、気をつけなければいけません。
新しい筋繊維が再生する前に、さらに筋肉をいじめ過ぎてしまうと「硬い筋肉」となってしまいます。

 

「硬い筋肉」というのは、ここでは詳しく解説しませんが、悪い筋肉と認識して下さい。

 

なので、「硬い筋肉」を作らないためにも、激しいトレーニング後は、筋肉を休息させることが大切です。ただ、筋肉痛が少しでもある時は、筋トレをしない方が良いと勘違いしないで下さい。

 

多少筋肉痛がある場合は、トレーニングをした方が逆に強い筋肉を作ることができます。

 

もし、痛くて仕方ないという筋肉痛がある場合は、思い切ってトレーニングは休みにして下さい。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

筋肉の仕組を知ることで、どのようにトレーニングすると
効率良く筋肉をつけることができるか理解できたと思います。

 

適度に筋肉をいじめて、適度に筋肉を休息させましょう!
トレーニングを頑張り過ぎるのは、逆効果になる場合がありますので、注意して下さいね♪

 

関連ページ

がんばってつけた筋肉を維持するにはどうする?
筋肉をつけるのは結構大変ですよね?頑張った人だけが得られる勲章です。そんな、頑張ってつけた筋肉を落としたくないですよね?今回は、せっかく頑張ってつけた筋肉を維持する方法についてご紹介していきます!