乳頭のアトピー痕をピンクにする方法とは!?

どんな場所であってもアトピー痕を治すには肌のターンオーバーを促すのが大事です。色素
沈着になってしまうとメラニン色素が肌の奥で蓄積してしまってなかなか排出されません。
このターンオーバーを促す方法を考えましょう。

 

規則正しい生活を心がける
毎日食事睡眠運動の時間をできるだけ一定に保つのがターンオーバーを正常に保つ秘訣です。
よく22時から2時までがシンデレラタイムと呼ばれますが、この時間にターンオーバーを
促す成長ホルモンが出るため重要なのです。この時間にしっかりと熟睡するのが美肌を作る
ポイントとなります。

 

L-システインやビタミンCの活用
シミ予防だけでなくコラーゲン生成、抗酸化作用によりアンチエイジング効果もある優れた
栄養素であるL-システイン。大豆、卵、はちみつといったものに含まれますが吸収率が悪い
ことでも知られています。そのためサプリメントを活用するのが望ましいと言えます。

 

敏感肌用美白化粧品の活用
最近注目されているのがポーラ・オルビスグループの敏感肌ブランドであるdecencia(ディセ
ンシア)です。皮膚科の立ち会いのもとで研究した技術で特許を取っています。外的刺激から
傷んだ肌を守るヴァイタサイクルヴェールが潤いをしっかりとキープ。そしてビタミンC誘導
体とエスクレシド(ポーラ研究所オリジナル成分)、アルブチン、デイリリーといった植物成分
でメラニンを作らない肌へと変化させます。セラミドナノスフィアでしっかりと高保湿、抗炎症
成分のコウキエキスで炎症も抑える効果も。アロマ成分も配合して心のケアも忘れていません。

 

毎日の食事の改善
食事ももちろん大事です。体質改善することによって代謝を促進させます。シミ改善にはビタ
ミンCとE、皮膚の粘膜を強化して修復するのはビタミンB群です。皮膚炎症にはビオチンが
いいでしょう。野菜や玄米、大豆、牛乳などバランスよくとりましょう。食事だけでは摂取が
難しいのであれば、ドライフルーツやシリアル、サプリメントなども併用してとるのがいいと
思います。食物繊維や乳酸菌も合わせてとるといいでしょう。胃腸が悪いとアトピーが悪化
してしまうからです。